MENU

WordPressの初期設定は? SWELLの使い方は?

収益化を目指すブロガーのほとんどは、WordPressを利用しています。

WordPressでサイトを開設すると、プラグイン(拡張機能)により、カスタマイズがしやすくなるためです。

WordPressそのものは無料で利用できますが、WordPressの利用に際しては、①ドメインと②レンタルサーバーが必須と言っていいでしょう。

それぞれ年額もしくは月額がかかり、①②両方を合わせると、1年で約1万円ほど必要です。

経費はかかりますが、それ以上に収益を得ることができれば黒字。

ブロガーによって収益はまちまちですが、月百万円以上報酬を得ている人も意外と多いので、夢がありますよね。

目次

ドメインとレンタルサーバーを申請する

ドメインを取得できるサイトは数多くあります。

しかし、先に述べたように、ドメインとレンタルサーバーの両方が必要となることから、その2つをセットで申し込んでいる人がほとんどです。

ドメインとレンタルサーバーを同じ運営会社で申し込むと支払いの手間が省けます

私自身は、【ムームードメイン+ロリポップ】の組み合わせと、【エックスドメイン+エックスサーバー】の組み合わせを使っています。

【ロリポップ】は格安レンタルサーバーです。なるべく安い費用でWordPressを使いたい人向けにおすすめです。

【エックスサーバー】はアクセス集中に強いレンタルサーバーです。

【ムームードメイン+ロリポップ】

【エックスドメイン+エックスサーバー】

WordPressサイト開設後すぐに行うこと

WordPressサイト開設後、ニックネームの登録、パーマリンク・ディスカッションの初期登録を行います。

ニックネームの登録

WordPress設置後、すぐにしておきたいのがニックネームの登録です。これを怠ると、サイトが乗っ取られるリスクが増します

WordPressのデフォルトでは、IDがそのままユーザー名として使われるため、その状態で一つでも記事を投稿すれば、投稿者名、すなわちIDが丸わかりとなってしまいます。

IDさえ分かれば、悪意のある人は、パスワードさえ見破れば簡単にアクセスできてしまいますよね。そのため、ニックネーム登録は極めて重要なことなのです。

ダッシュボードで「ユーザー」の「プロフィール」をクリックします。

10

続いて、任意の「ニックネーム」(※絶対にIDと同じにしないこと)をつけ、それをブログ上の表示名とします。

たったこれだけのことなのですが、これでサイトのセキュティレベルが上がります。

パーマリンクの設定

WordPressのダッシュボードの「設定」をクリックし、続いて「パーマリンク設定」をクリックします。

1

数字ベースにしておくと記事をアップした際に最も短いURLになるため、リンクを張る際に便利です。

※「投稿名」にする人もいます。「投稿名」の場合、ディレクトリで日本語名を使うことは避けます。

「数字ベース」にチェックをつけ、「変更を保存」をクリックします。

2

ディスカッションの設定

続いて、記事に対してコメントできないようにします。

コメントがほしい、という人もいるでしょうが、誰でもコメントが入れられるようにしておくと、間違いなく迷惑コメントに悩まされます

どうしても双方向のやりとりがしたいという場合は、SNSとの連携を検討しましょう。

3

ダッシュボードで「設定」→「ディスカッション」をクリックします。

4

すべてのチェックを外し、「変更を保存」をクリックします。

これで投稿記事には、一切のコメントが入らなくなります。

サイトのSSL化

サイトのSSL化ができていない場合は、SSL化を行います。

SSL化の設定は、レンタルサーバーの管理画面で行います。

また、WordPressサイトのダッシュボード「設定」→「一般」で「http」のURLを「https」へ変更します。(※再度、ログインが求められます。)

有料テーマを使うと、簡単に美しいサイトを作れる!

上記の初期設定を終えた後、サイトデザインを行うのですが、独学で学ぶのはかなり難しいです。

短時間で見栄えの良いサイトを作るには、有料テーマを購入するのが手っ取り早いです。

2023年現在、収益化を目指すブロガーの間で最も人気のある有料テーマは「SWELL」です。

私も「SWELL」を使ってサイトづくりを行っています。

SWELL購入後の3ステップ

SWELL購入後、最初にすべきことを3ステップでまとめました。

①親テーマ・子テーマをインストールする

最初に、購入済みの親テーマをインストールし、有効化します。

続いて、無料で提供されている子テーマをインストールし、有効化します。

②6つのデモサイトから好みのデザインを選ぶ

SWELLには、6つのデモサイトが用意されています。

デモサイトをベースにすると、簡単に美しいサイト制作が行なえます。

デモサイトのデザインを自サイトへ適用する方法は、以下のとおりです。

STEP
「SWELLフォーラム」の「マイページ」から着せ替えデータをダウンロードする

SWELLフォーラムにログインした後、「マイページ」を開き、画面下へスクロールします。

デモサイトの着せ替えデータを配布しているページへのリンクがあります。

6つのデザインから任意のものを選び、ダウンロードします。

STEP
フォルダ内にある拡張子「dat」のファイルのみを、Desktopなどへ移す

フォルダ内にある拡張子「dat」のファイルのみを、Desktopなどへ移します。

STEP
プラグイン「Customizer Export/Import」をインストールし、有効化する

プラグイン「Customizer Export/Import」をインストールし、有効化します。

STEP
ダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」で「エクスポート/インポート」をクリックする

ダッシュボードの「外観」→「カスタマイズ」で「エクスポート/インポート」をクリックします。

STEP
「画像ファイルをダウンロードしてインポートしますか?」にチェックをつけた後、上記のdatファイルをインポートする

「画像ファイルをダウンロードしてインポートしますか?」にチェックをつけた後、上記のdatファイルをインポートします。

デモと同じデザインへの着せ替えが、これだけで完了します。

以降、SWELLのテーマカスタマイザーを使ってデザイン設定を行います。

SWELLの使い方の詳細については、公式サイトの「設定マニュアル」に書かれています。

③必要なプラグインをインストール・有効化する

必要なプラグインをインストールし、有効化します。

私がよく使っているプラグインの詳細については、別記事でまとめています。

上記以外にも、プラグインは無数にあります。

ただし、多くのトラブルがプラグインによって引き起こされています。

SWELLユーザーは、なるべくSWELL推奨のプラグインを使用し、それ以外のプラグインを使う際は十分に気をつけましょう。

④Google Analyticsを設定する

ブログを運用する際、アクセス分析は欠かせません。

その際、プラグイン「SEO SIMPLE PACK」を活用すると「Google Analytics」の導入が簡単に行なえます。

「SEO SIMPLE PACK」での設定方法は、以下のとおりです。

STEP
Googleアナリティクスの管理画面を開き、管理(歯車マーク)」の「データストリーム」をクリックする

Googleアナリティクスの管理画面を開き、管理(歯車マーク)」の「データストリーム」をクリックします。

STEP
「ウェブ」タブをクリックした後、当該サイトをクリックする

「ウェブ」タブをクリックした後、当該サイトをクリックします。

STEP
右上に表示される、「G」から始まる「測定ID」をコピーする

右上に表示される、「G」から始まる「測定ID」をコピーします。

STEP
WordPressダッシュボードの「SEO PACK」→「一般設定」で「Googleアナリティクス」タブをクリックする

WordPressダッシュボードの「SEO PACK」→「一般設定」で「Googleアナリティクス」タブをクリックします。

STEP
「”Measurement ID” for GA4」の欄に「G」から始まる「測定ID」を貼り付ける

「”Measurement ID” for GA4」の欄に「G」から始まる「測定ID」を貼り付けます。

⑤Search Consoleとの関連付けを行う

「Google Analytics」へのサイト登録を行った後、「Search Console」との関連付けを行います。

詳細については、別記事でまとめています。

⑥アドセンスの広告を貼る(アドセンス利用者のみ)

Googleアドセンスを使う場合は、ダッシュボードの「SWELL設定」をクリックします。

「広告コード」タブをクリックした後、「記事内広告」と「自動広告」の欄に広告コードを貼り付けます。

「記事内広告コード」 に関しては、記事内でショートコード [ad](※adは小文字で入力)と入力することによって表示させることができます。

また、「目次広告」に広告コードを入れると、目次の直前または直後に広告を貼ることができます。

よかったらシェアしてね!
目次