Windows10で既定の画像ビューアーを「フォトビューアー」にする方法

Windows10では画像ビューアーのデフォルトが「フォト」になっています。
編集機能もついていて便利なのですが、開くのに時間がかかるのが難点。
そこで、既定の画像ビューアーを「フォトビューアー」に変更します。


最初にWindowsスタートボタンをクリックし、「設定」をクリックします。

1

「システム」をクリックします。

2

「既定のアプリ」をクリックします。

3

「フォト」をクリックすると、ソフトの選択画面が開くので、「Windows フォトビューアー」を選択します。

4

以上で、既定の画像ビューアーを「フォトビューアー」に変更することができました。
これからは画像をクリックすればすぐに「フォトビューアー」で閲覧することができます。