重いai(PDF)ファイルのデータ容量を軽くする方法は? |イラレ(イラストレーター)での変換・保存

イラストレーターを始めた頃に悩まされる現象が、データ保存をした際にとんでもなく容量が大きくなること。ここでは、データを軽量化する方法について説明します。

aiデータが重くなる原因はいろいろあるかと思いますが、イラストレータデータを軽くしたい方は下記の対策をとってみてください。


新規で保存し直し、「PDF互換ファイルを保存」のチェックを外す

イラレデータを軽くするには、この方法が一番実用的かもしれません。

ただしその場合、aiファイルとは別にPDFファイルも保存しておくようにしてください。

PDFにしておくと、「どんな仕上がりになるの?」と外出先でたずねられた時でも、モバイルからでもクライアントさんに見せることができるからです。また、印刷へ回す際にaiファイルと一緒にPDFを添付しておくと、思わぬトラブルを防ぐことができます。なお、画質を問わなければ、イラストレーターでPDF変換するよりも、Cube PDFなどを使った方がデータ容量減らすことに役立ちます。

aiデータを保存する際に「圧縮を使用」以外のチェックを外してください

これで重いaiファイルが軽くなる

上記の方法で実際にどれくらい軽くなるか試してみましょう。
例えば、試しに私のカメラで撮った写真4枚を並べたA4ファイルを作ってみました。

123

たったこれだけのものなのですが、デフォルトの状態でそのまま保存すると、出来上がったファイルはとても重いものになってしまいます。ここでは382MBになってしまいました。

119

画像を埋め込みにせず、「リンク」にすることにします。

メニューバーの「ファイル」の「配置」で開くダイアログで、「リンク」にチェックをつけ、「配置」をクリックすると画像を埋め込まずにリンクにすることができます

133

161MBと、先ほどの半分以下になりましたが、まだまだ重いですね。

152

それでは最後に、保存時の設定を変更してみます。

ファイル保存時に、「圧縮を使用」のみにチェックをつけ、それ以外のチェックを外し、「OK」をクリックします。

161

ファイル容量が、なんと「255KB」になりました。
255MBではなく、255KBです!
イラレデータを軽くしたい場合は、この方法が一番ですね。

171

リンクにする際は、aiファイルと同じフォルダ内へすべての画像を入れる必要がありますが、画像そのものが重いとaiフォルダを軽くしてもフォルダの容量は大きいままです。そんな時は、縮小専用などのソフトを使い、あらかじめ画像を圧縮して容量を小さくしておく方法もあります。画像にそれほど鮮明さを要求されないなら、全体の容量を軽くするためにこういう方法を使うのも良いかもしれません。

イラストレーターの起動や終了に時間がかかる場合

イラストレーター使用時はパソコンのメモリをかなり使用します。

イラストレーターが重い時は、Photoshopや、Googleなどのブラウザ、Windowsのメーラーなど、可能なものはすべて閉じましょう。

また、クリーンアップを行うことでローカルディスクの空き容量を増やすこともいいかと思います。方法については下記のページをご覧ください。

ローカルディスク(C)の空き容量を増やす方法

また、「Ctrl」キーと「Shift」キーを同時に長押しした状態で「Esc」キーをクリックすると、「Windowsタスクマネージャー」が開きます。

「CPU使用率」や「物理メモリ」が100%に近いと、イラストレーターが非常に使いづらい状態になっているはずです。

これらの値が常に高い状態であれば、メモリの増設もしくはパソコンの買い替えが必要かもしれません。

また、Windowsのスタートボタンで「コンピューター」を右クリックし、「プロパティ」をクリックすると、お使いのパソコンのスペックを確認することができます。

私のような(Celeronでメモリが2GBのような)低スペックパソコンでは、イラストレーター使用時の動作速度はどうしても遅くなってしまいます。

イラストレーターやフォトショップは低スペックのパソコン向きではないので、次回パソコンを購入する際はCPUがIntel Core i5以上のものにしてください。CPUをグレードの高いものにすると処理にかかる時間が明らかに変わります。

aiファイルの起動を少しでも早くする方法

aiファイルの起動に時間がかかる場合は、Windowsのスタートボタンで「すべてのプログラム」をクリックした後に、「Adobe Illustrator」を立ち上げる方法がおすすめです。

※この方法はCSについてのみ行えます。

その後、「ファイル」の「開く」から当該ファイルを開くと、立ち上がりが早くなります。

1

上記の方法だとファイルを立ち上げる際にくうメモリ容量も少なくて済むので、メモリ容量が不足してファイルを開けられないような場合にも有効な手段となります。