中継器を使ってみた|一戸建ての2階でも快適にネットサーフィン!

無線LANルーターで家族みんなで使おう、と思っても、電波状況が悪くてがっかり、なんてことはありませんか?

一戸建の我が家では無線LANルーターを1階に置いているのですが、建物の構造上なのか、1階でも2階でも電波を拾いにくいところがあります。

親機の設置は1階の隅の部屋。

使っているのはBUFFALOのWHR-1166DHP3です。

 

ハイスピードモデルということで期待したのですが、2階のパソコンや、スマホはそれに対応してないようで、300Mbps(Megabits per second)の側のネットワークしか使えません。

そこで電波状況を改善スべく、バッファローの「Wi-Fi中継器」を取り付けることにしました。

購入したのはWEX-733Dです。

中継機能をもった無線ランルーターを取り付ける方法もあるのですが、シンプルイズベスト!
中継機能のみで十分!

設定の仕方はいたって簡単!

最初に、親機の近いところのコンセントに差し込みます。

中継器の上記画像の上部にあるボタンを押し、次いで無線LANルーターの「AOSS」と書かれた赤いボタンを押すと通信が始まり、数分すると、このようにランプ2カ所が点灯します。

これで事前準備完了!

あとは、中継器の電源を一旦オフにし、2階のコンセントに中継器を再度差し込み、電源をONにするだけです。

あっという間に設定完了!

これで2階の接続状況は劇的に改善しました。