ロリポップのメールをWindows Liveメールに設定する方法

ロリポップのWEBメールは、使い勝手がよくありません。





そこで、ここでは「Windows Liveメール2012」で送受信できる方法について説明します。





最初に、ロリポップ!をクリックしてログインし、管理画面を開けておきます。

【Windows Liveメール2012のインストール】

①まだWindows Liveメール2012をインストールしておられない方は、最初にこちら(マイクロソフト社のページ)へアクセスし、「今すぐダウンロード」をクリックします。

1

「ファイルを保存」をクリックします。

2

ダウンロードされたファイルを解凍し、インストールを行ってください。
うまく解凍できない場合は、解凍前のフォルダをデスクトップへ移動し、右クリックをして「管理者として実行」をクリックしてください。
それでもうまくいかない場合は、Windowsのファイアウォールは有効で、奨に従い、全プログラムをインストールする方法で解凍すること。

インストール手順については、指示された通りに行ってください。

「Windows Live メール」のアイコンをクリックし、メーラーを立ち上げます。

3

「アカウント」タブをクリックし、「電子メール」をクリックします。

4

⑤すでに作成したメールアドレス(※ここでは例として「test@lolipop456.xyz」というメールアドレスを設定するものとします)を入力し、メール作成時に入力した「パスワード」を入力し、「パスワードを保存する」にチェックをつけ、任意の表示名(メールの宛名にここの名まえが表示されます)を入力し、「次へ」をクリックします。

5

「パスワード」を忘れてしまった場合は、ロリポップの管理画面から確認することができます。「メールツール」→「メール設定 ロリポップ!webメーラー」を開き、当該のメールアドレスの欄にある「確認・変更」をクリックします。

6

※「パスワード」は伏字になっていますが、赤丸で記したところの欄内にカーソルをもってくるとパスワードが表示されます。

7


「受信メールサーバーの種類」は「POP」にします。
「サーバーのアドレス」は「
pop3.lolipop.jp」「ポート」は「995」です。
「セキュリティに保護された接続(SSL)が必要」にチェックをつけます。
「次を使用して認証する」で「クリアテキスト」を選択します。
「ログオンユーザ名」には、設定をするメールアドレスを入力します。
「サーバのアドレス」は「smtp.lolipop.jp」「ポート」は「465」です。
「セキュリティに保護された接続(SSL)が必要」にチェックをつけます。
「認証が必要」にチェックをつけます。

最後に「次へ」をクリックするだけでメール設定は完了です。

8

念のため、実際に送受信を試してください。