円を唐分割し、それぞれの扇形に色をつける方法 | 浮き輪の柄を作る方法

「円を等分割できない」
これを解決するのはなんとなく難しそうですが、やってみると意外に簡単!
最初に、「楕円形ツール」で円をつくります。

ドックの「変形」で基準点を中央にし、XとYを分かりやすい任意の整数にしておきます。

1

続いて、「直線ツール」で円の半径より長めの垂直線を描きます。

2

そのままの状態で「変形」をクリックし、基準点を下の中央にし、先ほどのX座標とY座標の値を入力すると、円の中心点から伸びる垂直線にすることができます。

3

そのまま「回転ツール」をクリックし、「Alt」キーを長押ししながら円の中心をクリックすると「回転」のダイアログが開くので任意の角度(ここでは-30度)を入力し、「コピー」をクリックします。

4

続いて、「選択ツール」をクリックしてから、円と上記の2つの線を同時に選択し、「パスファインダー」の「分割」をクリックします。

5

分割後はグループ化された状態なので、「オブジェクト」で「グループ解除」をクリックします。

6

アートボード上の任意の1点をクリックして全体の選択を解除した後、円周の下の任意の1点をクリックし、「Delete」キーをクリックすると30度の角度の扇形ができあがります。

7

「選択ツール」をクリックした後に扇形をクリックして選択します。
続いて「回転ツール」をクリックした後に、「Alt」キーを長押ししながら円の中心部だったところをクリックすると「回転」のダイアログが開くので、上記で入力したのと同じ角度(ここでは「-30」度)を入力し、「コピー」をクリックします。

8

きれいにコピーができました。

9

その後は、「Ctrl」キーを長押ししながら「D」キーをクリックし続けると連続してコピーが行えます。

10

もちろん、配色も行えます。

「選択ツール」をクリックした後、円全体を選択し、「オブジェクト」で「グループ」をクリックするとグループ化ができます。

11

「オブジェクト」の「変形」で「回転」をクリックします。

12

扇形の内角は30度なので、-15度だけ回転させます。

13

きれいに揃いました。

14

内側に塗りが白、線が黒の円を重ねると、リングにすることもできます。

15

難しかったですか? それとも意外と簡単でした?