イラレでタブを活用し、表をつくる

縦も横も等間隔に並んだ文字を入れるような場合には、タブを使うと便利です。





イラレのメニューバーから「書式」→「制御文字を表示」をクリックします。

1

このような制御文字が表示されるようになります。この記号は印刷はされません。

2

文字→タブ→文字→タブと間隔を気にせずテキストを打ち込みます。テキストとテキストの間隔が不揃いでも気にする必要はありません。改行を入れてもかまいません。

表を作成する際には、イラレのメニューバーにある「ドキュメントレイアウト」を使い、画面分割した方が使いやすいです。

4

その際、表の左上の隅がX軸0、Y軸0になるようにすると計算しやすいです。後ほど述べますが、表を完成させた後、実際に使うファイルへ貼り付けると効率的に作業を行えるためです。

3

表を作成します。罫線のX位置は、なるべく整数に近い分かりやすい数値にしておく方が作業がやりやすくなります。

5

罫線と罫線の中間にガイドを作成します。
方法は、適当な長さの直線を罫線と罫線の間に引き、その両端の罫線を含めて3本の線を同時選択し、「整列」で「等間隔に分布」で「水平方向等間隔に分布」をクリックします。
最後に、一旦選択を解除したのち、中央の直線のみ選択し、「Ctrl」キーを長押ししながら「5」キーをクリックするとガイドがぴったり中央に設定されます

6

「ウィンドウ」→「書式」→「タブ」をクリックします。

7

テキストエリアを選択した後、タブパネルの定規の右横にある「テキスト上にパネルを配置」をクリックするとタブパネルが最良の位置へ自動的に設定されます。

8
9

続いて、ガイドの位置(X軸の数値)をあらかじめアートボードの外に書き込んでおき、大体ガイドの上あたり(※ガイドの位置から少々ずれていても問題ない)で「中央揃えタブ」を仮設定します。

1

テキストを選択した状態で各「中央揃えタブ」の矢印をクリックし、「位置」のところにガイドに等しいX軸の数値を入力していくと、それに応じてテキストも中央に揃えられていきます。

この時点でタブの位置を再度変更したい場合は、罫線を先に移動させ、続いて中央のガイドの位置をずらし、上記と同じ手順を繰り返します

また、中央揃えを部分的に左揃えなどにしたい場合は、中央揃えタブを選択してから、左揃えタブをクリックし、揃えたい位置(X軸の数値)を入力します。

2
3

なお、不要なタブがある場合は、タブパネルの右上の小さな三角をクリックして削除します。

11

以上です。